つぶやき

ARTICLE PAGE

じゃばらジュースのアレルギー効果?花粉には最大の効果があるって本当なの?





【じゃばらジュース】



抗アレルギーに期待される「ナリルチン」

ビタミンやミネラル、そして、抗アレルギー作用が期待されているフラボノイド成分「ナリルチン」を含む

「ナリルチン」は
IgE抗体の産生を抑えたり、マスト細胞からヒスタミンの放出を抑え、I型アレルギーである花粉症やアトピー性皮膚炎等に対する抑制効果が期待できるとされています。

花粉が鼻の粘膜に付着すると、体内に抗体が花粉を体外に追い出そうとして過剰に反応します。

これがアレルギー作用です!!

ナルリチンはそのアレルギー作用を制御する効果が認められています💛

また、じゃばらの果皮に含まれるフラボノイド類の80%以上がナリルチンで、果汁の6倍~10倍も含まれていることがわかりました。


じゃばらジュース


このように1種類の成分が特化して含まれている柑橘類は珍しく、「ナリルチン」については、現在、研究中であったり、学会未発表のものが多く、これから明らかになる効果が沢山あると言われています。

研究はどんどん進んでいるので、『じゃばら』の効能が明らかになる日もそう遠くなさそうですね。


北山村産の”じゃばら”ジュースのこだわり

①美味しさ

実はじゃばらには特有の酸味や苦みがあります。

そのため、じゃばらジュースは「酸っぱくて飲めない」という声が多々あるようです。

今回、紹介しているじゃばらジュースは「味」にこだわり、毎日楽しく飲み続けられるように開発されていて、オレンジジュースのような爽やかな味わいで飲みやすくなっています。

②果汁より果皮!

花粉にお悩みの方の救世主!!

スーパーフラボノイドの1つ「ナリルチン」は、果皮に多く含まれています。

そのため、市販されている多くのジュースには果汁は使用されていますが、この”じゃばら”ジュースには果皮が、しっかりと含まれていて、市販のじゃばらジュースの約13倍のナルチリンを摂取することが出来ます。






商品名

北山村産のすっぱくないじゃばらジュース
名称

じゃばら果皮加工食品
原材料名

デキストリン、じゃばら粉末、還元麦芽糖水飴、ゆず果汁、DL-リンゴ酸、微粒二酸化ケイ素、増粘剤(ガラギーナン)、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース、アセスルファムカリウム)、香料、レシチン、安定剤(キサンタンガム)(原材料の一部に大豆を含む)
内容量

80g
お召し上がり方

スプーン1杯(約4g)の粉末を100cc程度のお水に溶かしてお召し上がり下さい。

関連記事